Heaven of Argartan

文字サイズ:

Heaven.jpg

スピリチュアル供養の時代へ

最近の日本人の「スピリチュアル世界」には大きな疑問を感じています。一般大衆の人は私たちのスピリチュアルな世界を「全否定」し、アクマでもあるかのように、強い不快感を表してきます。その一方で、お葬式やお彼岸などに対し、「ご先祖様が大好きなお酒、マンジュウを食べていただかないと」と、毎年、欠かすことなく、お供えします。

死後の世界で、真っ先に行くのは、世俗の執着を取り除く世界であり、アーガルタンではそれを「苦界」と呼んでいますが、一般には「地獄」と呼ばれています。「お酒を飲みたい」「マンジュウを食べたい」はおろか、「家族と一緒にいたい」「孫と一緒にいたい」などはすべて世俗の執着です。お彼岸やお盆などで大好きなものをお供えするのは、さらに地獄に閉じ込めることになり、天界に戻ることがさらに遠のきます。死後の世界を正しく認識していないため、間違ったお葬式、供養を行なっていながら、自らの間違いを認識せず、ひたすらご先祖様を地獄に縛り付ける「呪い」を毎年、行なっているのです。

アーガルタンでは、第四密度の世界に合わせ、正しい浄化・供養を目指しています。現在、事件などで亡くなられた方々などを霊視し、「勝手に浄化・供養」をして、ノウハウを身につけているところです。いずれ、ほかの方々でもできるように、カリキュラム化を模索しているところです。今のところ、密教セミナー、心身改善金剛靈氣外傅、コスミックハンドヒーリングなどの受講者を中心にして、本来の靈的世界に合わせた浄化・供養法を広げていこうと思っています。



初代主宰者だった「KAZUMI」さんは、2018年5月に天界へと旅立ちました。比喩的にいっているわけではなく、本当の天使界へと戻りました。旅立つ前に自分のいた天使界のことや自分の天使グループの名前を知っていたために、一般の人間の死後コースとはかなり異なるコースで天界へと戻っていきました。これらの体験を活用し、未浄化靈の浄化・供養を行ない、浄化の経過などを掲載・報告しています。



●元和美さんが天使になるまでの経過を読みたい人はこちら(ブラウザによっては移動しません m(_ _)m)


●綾巫姫(アヤミコヒメ)からのメッセージを読みたい人はこちら(ブラウザによっては移動しません m(_ _)m


●尊い生命を亡くした方々の浄化供養の経過・報告です(ブラウザによっては移動しません m(_ _)m)






































Healing-Hands-massage.jpg
News

k5368724.jpg
Concept

k5414524.jpg