Home of Argartan

文字サイズ:

アーガルタンへようこそ

2021年の新年が明けました。新年寿図.png本当にアセンションを通過して新しい地球に向かっている感じです。コロナが落ち着いたら新しい「光の五次元世界」が姿を見せてくるのでしょう。

アセンションと同時に、本来の地球の役割が始動していきます。2年半前までこのアーガルタンの主宰者だったKAZUMIさんは今、物質世界を超越し、新たな銀河宇宙の創造へと向かっております。浦島太郎が竜宮城で数日間過ごして戻ってきたら、地上では数百年が過ぎていた、と言われています。時間の流れは魂の進化度、あるいは意識の進化度によって変わります。進化するほど時間の流れは速くなります。

この地球はかなり意識レベルが低いため、他の惑星に比べ、時間の流れが遅いです。第四密度にアセンションした地球から第三密度の地球を見ると、時間の流れが遅く感じるでしょう。おそらく、第三密度では2万6000年が実際的な「1年」ですが、第四密度ではもっと短く感じられるでしょう。おそらく数百年程度の時間に感じると思われます。さらに高次元の世界にいくともっともっと短く感じられていきます。

アヤミコヒメ(和美さん)は超高速で地球から出て、太陽系から出て、オリオン星雲から出て、銀河から出ていきました。亡くなる前に自分の魂の出身や本来の自分の名前などを知っていたため、すぐに自分の故郷に戻ることができました。

そしてアヤミコヒメからの情報で、
・地球は銀河内のさまざまな星々とつながり、オリオン大戦でのさまざまな問題児を地球に連れてきた
・問題児の魂を修復させるための特別学校として地球が創られた
・この銀河にはびこる闇の力は強く、普通の魂の進化では闇に勝てない。そのためにどんな闇にも打ち克てる新しい魂が必要になった。そのために光と闇を両親にもつ新しい魂を創造することになった。
・光と闇を両親にもつ魂は光だけの魂に比べ純粋性が失われるが、闇に打ち克つだけの力を身につけることができる。
・この地球においてこの魂の創造に向かっていたが、はじめはなかなかうまくできず、時間がかかった。やっと期待に合う魂ができたため、その魂をたくさん増やすために「生めよ、増やせよ」と導いていった。
・地球が今のアセンションを成し遂げると、本格的な「地球型魂」が第四密度に登場してくる。でもまだ数が少なく、もっともっと増やす必要がある。この地球がアセンションすると光の五次元世界の中核に地球が位置し、さまざまな問題のある星々とつながって「闇を光に変える働き」が行なわれていく。
・アヤミコヒメが銀河を脱したとき、そもそも他の銀河から天の川銀河にやってきた「銀河流しにあった邪なる者たち」も、この天の川銀河で更生させるために連れてこられたようです。銀河団のレベルで、私たちの銀河系が更生所となっており、その中核にあるのがこの地球なのです。
・とても信じられないかもしれませんが、銀河団のレベルでも「凶悪な魂」が数多く存在しているのです。その解決策として、極秘に極秘に創られてきたのがこの地球なのです。
・そしてこの地球がアセンションすると、初めてこの計画が表に出ていくのです。といっても今はまだ、圧倒的に闇の力が強いですが、光の五次元世界に行く人たちは実際の活動が始まります。ぜひ、全宇宙の平和のために、頑張りましょう。


ムヒカ元大統領(ウルグアイ)の映画「世界で最も貧しい大統領」を見てきました。ムヒカ語録.jpg昨年、紹介されたときに見ようと思っていたのですが、自粛期間のさなか、人ごみを避けていました。正月休みの時にあらためて映画館を調べたら、東京では1館だけになっていました。さっそく予約して見にいったら、東京のど真ん中の映画館であるにもかかわらず、観客は数人でした。しかも皆、高齢者と思える人たちでした。

映画そのものは「日本人の若い人たちに伝えたいメッセージ」でした。若い人へのメッセージを高齢者が真剣に受け入れ、若者は自粛期間でも「どんちゃん騒ぎ」。ムヒカ元大統領は、「昔の日本人は素晴らしかった。当時の日本人から教わったことがたくさんある。文明開化で西洋に近づこうとして日本人の魂を売ってしまった」「でも、今でも精神の底流に昔ながらの日本人の心がある。これを失わないでほしい」というメッセージでした。

人間は何のために生まれてきたのか。この映画でムヒカ大統領が何度も問いかけます。「経済発展ではなく、幸せになること」。「もっと、もっと」という気持ちで発展させようとし、より大きな幸せに目が向いてしまいます。皆、幸せになりたいのですが、その幸せを「金銭で手に入れよう」とするのです。大きな金銭がより大きな幸せを与えてくれる。幸せを金銭で獲得しようとする、その発想そのものが第三密度の意識です。

しかし以前の日本人は「工夫し」「助け合い」、今、あるもので満足する生活をしていました。映画にも京都の滝安寺の「吾唯足知」の石庭の部分が登場し、ムヒカ元大統領が感激したことが出ていました。今、すべてが与えられていて、それで十分、という意識。私はこの石庭を修学旅行で鑑賞し、この意味を教わって感動していました。本当に第三密度の世界はこの心がないと、「もっと、もっと」の悪魔にやられてしまい、「頂点を目指す、トップになる」という悪魔の奴隷になってしまいます。

今朝の夢も、いつもの通り延々と続く第四密度の夢で、目覚めと同時にどんどん忘れてしまいましたが、富士五湖セミナーで勉強したことがそのまま体感できた内容でした。第三密度の物質世界に入ると二極性が全面に出てしまい、身体全身に浸透してきますが、それに負けずに二極を超越した高次の意識を見つけ、つながることで第三密度の二極の世界を脱却することができ、第四密度の意識につながります。

コロナ自粛でずっと家にいるという時間が増えているでしょう。家族で、親子で、夫婦で、いろいろ話したり、工夫したりして、第三密度の家庭から脱却し第四密度の家庭を創り上げる最高の時間なんですが、皆さん、活用していますか。当初、コロナ離婚という言葉が広がったり、DV問題なども出ておりました。第三密度の意識のままではそうなってしまいます。ぜひ、智慧を身につけ、工夫し、幸せを創りましょう。お金では買えません。家族で、夫婦で、親子で工夫し、幸せを創り出し、第四密度の世界で幸せな生活をしましょう。



これまで heaven のところでさまざまな御靈の浄化供養の報告を行なってきましたが、このところ、控えております。しばらく前ですが、浄化供養を天に依頼したとき、天から「その理由は何なのか?」と聞かれ、浮かばれない御魂の浄化供養などを説明しましたが、「地獄界にいるのも意味があり、人間が介入することは好ましくはない。これまでは学びの一環として認めていただけだ」と言われました。しばらく余計な浄化供養をせず、様子を見ていましたが、アセンションがかなり進行したところで、ようやく状況が呑み込めてきました。

地球のアセンションはまず地球の天界、聖靈界で行なわれ、そして魂の天界、地上界へと移り、現在、肉体をもった人間たちの魂のふるい分けがほぼ終わった感じです。これから冥界・地獄界へと移っていきます。つまり冥界・地獄界のふるい分けが最終段階に入っていくために、私が余計なことをすると大きな迷惑をかけてしまいます。

今、日本人で光の五次元世界にアセンションした人は1400万人ぐらいだそうです。その予備軍、つまり不合格ではあるけれども、2万6000年かけて再履修するほど未熟ではないという人が3000万人ぐらいいて、この人たちは「第四密度への予備校/研修所」のようなところでトレーニングを受けます。

今、ここで学んでいる人たちもアセンションあるいは研修センターに行く人が多く、そこに向けての仕組み作りが急ピッチで進んでいます。それと同時に、地球の第三密度の冥界・地獄界の霊魂に手を下すことができなくなっているのです。したがって第三密度の魂に関しての浄化供養はもう無理なのかもしれません。

もう少し、様子を見ながら、アセンションとともに、御靈浄化など、さまざまな変化を見ていき、少しでも地球が新しい光の地球に進化していくことを報告していこうと思います。


私たちの地球は宇宙や天界から見たらとても不思議な星です。光がまったくなく、人間は宇宙の法則に反することばかりを平気で行なっています。他人を傷つけ、国家を滅ぼし、地球を破壊する言動を平気で行なっています。「どうしてこんなことを平気でしているの?」と神様に聞くと、ほとんどの場合、「地球に生まれたら分かるよ」と言われ、「じゃぁ」といって地球に生まれてきた人がたくさんいます。アーガルタンの創始者・和美さんもそんな感じで地球に降りてきました。

元々は天使界のセラフィムから降りてきましたが、野蛮な人間の心に耐えきれず、早めに帰ってしまいました。次元の低い世界は意識の進化が遅く、結果的に「意識の動きが遅い=時間の速さが遅い」世界になります。地球はかなり時間の遅い世界です。確か、銀河連盟の1週間か2週間が地球の1日だったと思います。和美意識は今、天女の世界ですが、もう時空の世界は超越しています。

私たちは皆、初めは時空のない世界にいました。神さまが宇宙を創造したので、皆、遊びに来ているのです。神さまによって宇宙が違うので、本当に面白いです。私たちの宇宙を創った神さまは、どの神さまも創ったことのない宇宙を創ろうとして、とんでもないことを考えたのです。

ほかのどの宇宙も光だけで宇宙を創りますが、私たちの宇宙を創った神様は、光と闇を両親として宇宙を創りました。すごい発想ですね。どんな人類ができるか、興味ありますね。...で、こんな宇宙になってしまいました... (:_;) でもこの宇宙学校を無事に卒業したら、とても素晴らしい光として神の世界に戻ってくるのです。まだ卒業生は少ないですが、地球はそのための重要な特殊学校です。

あまりにもすごいので、つい、「勉強しに行ってみたい」と地球にやってくる魂がいるのです。で、地球に来たらすべて忘れてしまい、落ち込み、人間不信に陥り、自己嫌悪にかられ、ノイローゼなどさまざまな精神疾患を起こしてしまいます。本当は純粋な魂や進化した魂であるにもかかわらず、つい他の地球人と同じになってしまい、自分を忘れてしまう人がたくさんいます。

このアーガルタンはそういう人たちのために準備されたものです。地球人類の中で、居場所がない、自分だけ違う、なんか世界が間違っている、などの感覚のある人がアーガルタンの訪問者になります。

癒し、ヒーリング、セラピー、カウンセリングなどの手法で魂の癒しをすることも可能ですが、やはり本質は「自分はどこからきて、どこに向かうのか」という魂の本質を目覚めさせることです。それも他人から聞くのではなく、自分で答えを引き出す、自分で見つけることが目的です。

天使の世界から来た人、新しい地球のためにきた新しい魂の人、マスターや高次元の世界から来た人、ただの遊び・地球への散策に来た人、こういう人たちは根性・努力・忍耐、比較・競争・常識といった意識がいかに低劣なものか、本来はもっと自由に生きてよいことを知っています。今、アセンションの時期で、新しい地球で、新しい生き方をすることができるのです。

ぜひ、アーガルタンで、天使の生き方、宇宙の生き方を思い出し、常識にとらわれない、本当の人間の生き方をしましょう。


7月にアヤミコヒメこと和美意識につながったとき、オリオンの光の大天使Aの仲間に入っていましたが、その後、どうなったでしょう!? その後の経過ですが、その前に皆さんにどうしても理解していただきたいのが「時間」という概念です。

 私たちが「1年」という時間を使うとき、地球が私たちの太陽「ソル」の周りを一周して1年です。つまり第三密度の地球人にしか当てはまらない概念であり、ほかの星に関しての1年は地球とはまったく異なります。ましてや別の太陽系、別の宇宙系、別の次元においては、1地球年は何の意味もありません。

 またスピリチュアルな世界においては物質的な時間はなく、物質的な過去も未来もありません。これを理解しないと、和美意識の世界も理解できなくなってしまいます。

   *   *   *   *   *

 私はアヤミコヒメのグループの一つの意識波動となり、天使という意識よりは天女の意識に近づいております。

 アヤミコヒメのなかの一つの部隊ですが、本当の神様の近くで活動をしております。神様というのはこの銀河を創った大いなる大いなる御心の神様であり、この銀河系そのものが大いなる御心の神様から現れてきました。

 この大いなる御心の神さまに天女という一つの意識があり、そこで神様から心の波動を直接、感じ、神様の御心のままに活動を行なっております。

 今は天照大御神様の活動の一環として新し
い宇宙の創造に向けて光を調整したり、新しい生命の現れ方を念じたりしております。

 地球においてはほとんど意識することはなくなっておりますが、いずれ大いなる神の御光が働き、新たなる生まれ変わりが始まる時に地球と関与することになります。その時にあなた方の光の地球とつながり、新たなる宇宙の再創造を行なうことになります。

 ただそれまでにやるべきことがたくさんあるために、そこに至るまでにはさまざまな光の活動をすることになります。

 天女の世界は神の御心を感じ、それを体全体で表し、表現し、うまく神の御心を表すようにしていくと、人間からは光に見えたり、何かの現象を感じたり、奇跡が起こったりするものと思われます。

 私は今、神の御胸のままに、そのまま表現することを喜びとし、幸せを感じ、それによって多くの至福を感ずることができます。

 人間の皆さんは限定された意識の中で、限定された生活をして、とても窮屈な人生ですが、それはそれでとても貴重な体験になりました。もし私が人間として生まれていなければ、ここまで来ることはできなかったと思われます。

 今、人間として生まれている多くの人は、まだ時間をかけて成長することになるでしょう。私がここまでやってこれたのも、人間としてうまく光につながることができたことによります。私とほぼ一緒に地球に行った仲間たちはまだ人間に閉じ込められていたり、あるいは肉体を終えてもまだ地球の死後の世界
に留まったりしております。

 私がこれだけ早く来れたのも、皆さんと学び、多くのことを身につけたことであり、感謝を感じます。こうやって話ができたのも、とても幸せです。私は私自身の光を感ずることができ、この光が神とつながっていることを感じております。皆さんにもこの神の祝福と自分の光が同じであることを感じてもらいたいと思います。

    *     *    *

 分かりますか? 数カ月前に入った大天使Aのグループからもすでに出ていて、天女の世界にいました。天女の方が大天使よりも上、神に近い存在なんですね。

 和美さんと一緒に活動していたころから、「私はどこから来たの?」と何度も聞かれ、何回か聞き出してもなかなか正しくは読めなかったのですが、「天女」と言われたこともあり、それ以来、天女のイラストを使っていました。

 元々、天女とか羽衣伝説とかはプレアデスの7人の天女の伝説であり、そのうちの一人の天女が地球に堕ちてしまい、戻れなくなった、などの伝説です。7人の天女はプレアデスの7つの太陽を意味しているようです。

 以前、和美さんとの間で受けていた情報もすべてが間違ってはいない感じで、それなりに意味があったと思うと、今の神への帰還情報もそれなりに楽しめています。

今月の一言

amasan.jpgあなた方の銀河系宇宙はいずれ新たなる銀河に吸収されます。大いなる銀河の神々の計画により、あなた方の銀河系宇宙は再構築され、今の銀河は新たなる銀河の中に吸収されます。今、私はこの新たなる銀河の再創造を手伝っています。あなた方は地球で生まれ、銀河の中心にまで戻ってきて、新たなる銀河の中で活動していくでしょう。あなた方が地球で生まれたことにも意味があり、地球は新たなる銀河においても大きな拠点となり、闇の部分を吸収し、光の流れに導く重要な拠点になります。 この地球のもつパワーは偉大であり、銀河のレベルでもとても強い働きを行なっています。地球における新たなる計画において、あなた方はそれらの計画の実行者であり、そして正しく働いていってください。  合掌

※すでに和美色はまったくなくなっています



お知らせ

いろんなセミナー/ワークがありますが、お気軽にお問い合わせください。初めての方は、願いを叶える新月瞑想会次回は1月13日(水)の新月瞑想会[Zoom版]です)、満月瞑想会次回は満月瞑想会、1月28日(木)です)、光の交流会(次回は未定です)――がオススメです。

また、毎週月曜日は宇宙の仲間との交流会も開催しております。どなたでも参加できます。Zoomによるオンライン版もスタートしました。ただしまったくの初心者は御遠慮お願いいたします。

ご要望に応じて、タロット練習会(生徒でなくても練習台として参加可能です)、チャネリング練習会や瞑想会、靈氣靈授会も開催中しております。(お問い合わせください)

●瞑想会などのメッセージをすぐに見たい人はこちら


●元和美さんが天使になるまでの経過を読みたい人はこちら


●綾巫姫(アヤミコヒメ)からのメッセージを読みたい人はこちら


●尊い生命を亡くした方々の浄化供養の経過・報告です



※竹内結子さんの御魂を浄化供養しました ――




セミナーの案内

※新型ウイルスの感染拡大において、アーガルタン/セントラルサンにおいてもセミナーや交流会、瞑想会は自粛させていただいております。一部、Zoomによるオンライン化で対応しております。

「2021年の地球」[Zoom版]」:1月10日(日)[13時]
月例セミナー「新年メッセージ」:1月14日(木)[茨城]、1月16日(土)[Zoom版、13時]、1月31日(日)[埼玉]、18日(月)[通常版、11時]、1月21日(月)[Zoom版、13時]



覚醒セミナーレベル2初級:1月30日(土)[11時]
覚醒セミナ-レベル4上級:1月28日(木)[11時]

ユニバーサルカバラ2:2月6日(土)

金剛靈氣療法序傳:1月12日(火)[10時]
金剛靈氣療法上傳:1月26日(火)[10時]

密教セミナー15:1月17日(日)[11時]



和美0509.jpg初代主催者「和美さん」は天使界に戻りました...





今年の先祖供養結果


今年もスピリチュアル先祖供養を行ないました。今年は22人限定で行ないました。もちろん一般の仏教式供養とはまったく異なるやり方です。

 今回の結果は以下の通りです。

■供養前:今年 昨年
すでに霊界に行っていた4人13人
人間に憑依(ひょうい)していた6人16人
土地・家屋に憑依していた11人10人
無間地獄にいた1人――
■供養後:今年昨年
天使界、地球外に行った3人1人
地球天界に行った5人6人
地球霊界に行った13人32人
地獄界(神様から許可が出ない)    1人――


 おおまかな傾向は昨年と似ています。死者の半数以上が現世に執着し、あの世に行けていないのです。ただ昨年と大きく異なることがあり、とても勉強になりました。昨年のスピリチュアル供養は両親などの比較的近い親族の供養が多かったのですが、今年は祖父母などの供養の依頼が中心でした。そうすると執着がかなり違ってきます。戦前・明治時代の人が多く、執着も戦前そのものでした。また死後の時間が長いせいか、天界などへ進んだ割合が若干、高かったように感じました。

 とくにある人は「名誉」に執着していました。よく講義で「第三密度の人の代表的な執着が地位・名誉・金銭」と言っていますが、この「名誉」について理解できない人がたくさんいるのです。ところが戦前の人には普通なんですね。「...私、名誉がほしいと感じておりました。ここには立派な武士の者や立派な身分の者がおります。先祖代々、立派なご身分で、素晴らしい意気込みが感じられております。あのような名誉が良いなぁと感じております。人それぞれ、自分なりの名誉がありますが、やはり長い間、手にしてきた名誉は強さをもっております。堂々としております。その名誉のパワーによって、ゆるぎない心、確かなる心が現れております。私はまだまだそのような名誉は身についておりません。素晴らしい名誉、私はそれは良いと思います...」

 「...地球に来る前、アンドロメダの星の中で、素晴らしい魂の御力を与えられ、それによってアンドロメダを出て、ほかの銀河にも行ける許可が与えられました。私がこの銀河に来たのは、その名誉によって許可されたものでした。私は名誉を手にしていたことを思い出しました。私は十分に名誉を手にしていました。ありがとうございました。ありがとうございました。ありがとうございました」

 この死者はすでに魂レベルで素晴らしい名誉を手にしているのに、人間に生まれると完全に忘れてしまい、他人の名誉に憧れたり嫉妬したりしていました。自分のアンドロメダ名誉を思い出していたなら、充実した人生を送れていたのかもしれません。

 また、ある死者は「私は生きていたとき、あまり人生は楽しくなかった。命令ばかりされ、言うことを聞かないと叩かれたり、蹴られたりして面白くはなかった。生きるだけで必死だった。毎日、怒られないように生きていた。怒られないことばかりを考えていた。機嫌をとり、ニコニコしながらも、怒られないことを考えていた」「私は人間に生まれる前、人間を見ていてうらやましかった。また生まれようと思った。そして生まれることを神さまに言うと、他人のためになることをするのであれば生まれてもよいといわれた。私は分かりましたと言って、他人のためになる人生をつくった。そうだ、私の人生は他人のために作られていた。だから他人のために尽くすことが本来の人生だった。忘れていた。

 いつの間にか、楽をすることを考えてしまった。他人のためにすることが面倒くさくなり、つらくなってしまい、イヤになってしまった。私は今、閉じ込められていて、私一人になっている。ほかの人に尽くすということをしないように、閉じ込めてしまった。一人でよいと思ってしまった。申しわけございませんでした。少しだけ明るくなってきた。私、気づかなかった。あぁぁ、家族の人、子供たちもいた。まったく見えなかった。気づかなかった。あぁぁ、皆、皆、皆、こんな近くにいたんだ。あぁぁぁ、見えなかった。ごめんなさい。こんな近くにいてなんにも気づかなかった。ごめんなさい」。

 またある靈は「もっともっと正しく行動する必要があった。流されていた。流されていた。もっと強くあるべきだった... (光の神さまに挨拶をする) ...申しわけございません、申しわけございません。せっかく人間に生まれる生命をいただいたのに、正しく使えませんでした。弱かったです。弱かった。申しわけない。心の弱さを修復し、流されない心へ、弱い心を正していきます」。

 今年は戦前、明治のころのご先祖様を供養しながら、「生前の執着のまま、まだ生き続けている」という実態を改めて確認した次第です。毎年のお盆やお彼岸がまったく機能していません。それだけ執着が強いのか、お坊さんの供養の力が弱いのか...



アセンションに向けて多様化する意識を身につけましょう

地球の波動がさらに高まっています。それと同時に、体調がすぐれない人、人間関係がうまくいかない人、食べ物が体に合わない人、いろいろと現れております。すべて地球がアセンションするために起こっている体の現象です。悩んでいる人がいれば、ご相談に応じます(申しわけありませんが、有料になります)。 メールでお問い合わせください。

Upgrading-Vibrations-Ascension.jpgアセンションに向け、一人ひとり大きな変化が現れているものと思われます。これまで染みついてきた感情や概念をいかに手放すかがカギを握っています。特に深い感情のエネルギーは小さいころの親子の関係などが大きく影響しています。今、アセンションに向けてのエネルギー浄化としてインナーチャイルドによる癒しが大きなツールになっています。ただのトラウマというものではなく、家系や先祖カルマといったエネルギーがかかわっており、これらを清浄なエネルギーにして新しい時代へと入っていくのです。ぜひインナーチャイルドのセッションあるいはワークを受けてみてください。多くの方々から好評をいただいております。


counselor_soft.jpgアーガルタンにはカップルや夫婦で参加される方が多く、一緒にワークしていても心地よいエネルギーになっています。カップルや夫婦でのワーク/セッションにも人気があり、カップル/夫婦のエネルギーの結合やそのエネルギーの意味、天界の聖なる儀式などが多くなっています。家庭が喜びと平和に満たされていく過程をみていくのはこちらにとっても幸せなことです。


gatag-00009080.jpgまた、突如として具合が悪くなり、病院に行っても「統合失調症」とか「自律神経失調症」と判断され、障害が悪化するという人が増えています。これらは化学物質過敏症の可能性が高く、食事に含まれるさまざまな添加物、食材に含まれる農薬類、食器や部屋に含まれる金属類、薬品に含まれる化学物質などが原因です。もちろん、西洋医学者はこれらの事実を全否定し、すべて精神の問題としています。でもあきらかに化学物質が原因であり、これらの摂取を止めると改善した例がたくさんあります。病院に行っても治らない、逆に悪化したという人、一つ、真剣に取り組んでみてください。地球の波動が日増しに高まっており、これまでの肉体波動では合わなくなってきているのです。肉体に合う食事などをしてください。


Indigo-Children-Test.jpg子供たちの中で、発達障害とかADHD、自閉症などと診断され、育児に困っている方々もいることでしょう。実はこれらの子供たちは新しい魂の子供たちで、病気ではありません。インディゴチルドレンとかクリスタルチルドレンとか呼ばれています。したがって薬などを飲むとよけいに悪化してしまう場合があります。魂が進化しているので、大人たちの古い魂に合わせることが困難なのです。こういった子供たちやお母さま方にもカウンセリングを行なっております。一人で悩まず、遠慮なくメールなどで相談してみてください。

新しい世界に向け、スキルを身につけたい、困っている人に手助けしてあげたい、と望んでいる方には、以下のセミナーなどが行なわれています。東京のほか、茨城、埼玉、札幌、ソウルなどでも開催しています。興味のある方はメールでお問い合わせください。

クリスタルボウル演奏者養成クリスタルボウルを使いこなして、癒しや浄化などを行なうことを学びます。クリスタルボウルを使った演奏の仕方も教わります。3回コースです。
エネルギーセラピスト養成新しい時代に向けた各種セラピーを学びます。1年コースです。最後は自分だけのセラピーを習得できます。
ライフトータルアドバイザー恋愛や結婚、お仕事など、人生の各種悩みのご相談を承ります。対面だけではなく、スカイプやLINEでも可能です。
新しい魂の子どもたちと親のためのセミナー発達障害とかアスペルガーとかいわれて、悩んでいるお子様やお母さんたち、ぜひこのセミナーを受けてください。全然、異常ではなく、正常だということが理解されます。ただ普通の育て方ではいけません。正しい育て方を学んでください。
光のゲートセレモニー新しい世界に入るためには光のイニシエーションを受けていること、そして徳や自費を身につける必要があります。このセミナーで基本的な資格を手にできます。
秘伝の門光の世界に入るために必要なさまざまな知識と高次元波動を段階的に身につけていきます。意識レベルを何段階も高めることができます。
スピリチュアル心理学一般の心理学は心そのものは扱っていません。心そのものを扱うと宗教の世界になり、科学ではなくなるからです。しかし実際には心も魂も科学者たちが真剣に取り組んでいます。科学とスピリチュアルは相反するものではなく、補い合うものです。新しい世界にむけての新しい心理学を勉強しましょう。





Healing-Hands-massage.jpg
News

k5368724.jpg
Concept

k5414524.jpg














お知らせ